ドラッグストアで募集が行われる薬剤師の求人の選び方

薬剤師1

ドラッグストアで募集が行われる薬剤師の求人には正社員からパートまで色々あり、店舗によって業務内容や役職などに違いが見られます。また、店舗によっては新人の薬剤師が不安なく働けるよう勤務開始前に研修を行ったり、一通りの業務に慣れるまで職場内において先輩の薬剤師がフォローアップをしたりするところもあります。

900万以上稼ぎたい薬剤師が求人を探すときのコツ

薬剤師求人が豊富な就職情報サイト活用しよう

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事について興味がある時には、薬剤師求人が豊富な就職情報サイトに登録して、身近なところにある店舗で求人募集が行われているか日ごろからチェックすることが大切です。一般的に、ドラッグストアの店内にある薬局では、重病の患者に対して調剤や服薬指導などを行う機会がほとんどなく、実務経験が少ない人も働きやすいといった利点があります。

また、ドラッグストアによっては、就職情報サイトを通じて就職説明会や採用選考の申込ができるところもあるため、気軽に各店舗の薬剤師の採用について調べることがおすすめです。最近では、薬剤師の人数が不足しているエリアを中心に、一回の面接で内定が出るドラッグストアの数が増えており、若年の求職者もすぐに自分の希望に合った職場を見つけやすくなっています。

ドラッグストアの薬剤師の待遇については、それぞれの店舗を経営する会社の経営状態や人事の制度などに大きく左右されます。

そこで、就職後に不満なく働き続けるうえで、数あるドラッグストアの中でも、長年にわたり各地の住民に支持されているところや、若手からベテランまで基本給を高めに設定しているところを勤務先の候補に決めることがおすすめです。

人員配置に余裕があるドラッグストアを見つけよう

ドラッグストアに薬剤師として就職をした後に、生き生きと業務に取り組むには、各地の様々な店舗の事情を把握して、一日あたりの仕事量が適切なところやハードな業務を担当する場面が少ないところを見つけることが大事です。

都市部のドラッグストアが集中しているエリアにおいては、薬剤師が不足している店舗も少なくなく、少人数のスタッフが調剤業務を担当したり、本来の業務以外を任されたりすることもあります。こうした問題を防ぐうえで、就職活動中に実際に興味がある店舗へ足を運んで、人員配置に余裕があるかどうか見極めをすることがおすすめです。

薬剤師をはじめとしたスタッフの業務の負担軽減に努めているドラッグストアの中には、年間を通してスタッフの増員に力を入れたり、調剤業務の効率化を図ったりしているところも珍しくありません。ドラッグストアによっては、勤続年数が長い薬剤師を対象に、有給休暇以外に特別休暇を付与したり、勤務シフトの希望を最大限に聞き入れたりしているところもあります。

なお、ドラッグストアで働いたことが無い人や、調剤のスキルにあまり自信が無い人は、正社員以外の働き方を選べる店舗を探してみるのも良いでしょう。

店舗責任者になるための教育がしっかりと行われるか調べよう

薬剤師9

各地のドラッグストアにおいては、薬剤師など医療関係の資格や免許を持つスタッフに店舗責任者を任せているところも多くあります。店舗責任者になるためには、医薬品に関する知識や調剤業務の経験だけでなく、リーダーとしてのスキルや素養が必要となります。

そのため、店舗責任者の仕事に関心がある場合には、将来に向けて十分な教育を受けられるドラッグストアに就職をすることが大事です。

全国に多数の店舗を展開している大手チェーンのドラッグストアでは、店舗責任者を育成するためのノウハウが蓄積されているところが目立ちます。こうした店舗では、業務の合間に店舗責任者を目指す薬剤師が定期的に集合研修を受けられるよう配慮したり、スキルアップに関する不満が無いかどうか本部社員がヒアリングをしたりすることがあります。

店舗責任者の待遇はそれぞれのドラッグストアの業績に大きく影響を受けますが、将来性のある店舗を選ぶことで、500万円以上の年収を稼ぐことも可能です。その他、店舗責任者に求められる経験や資格の種類については、それぞれの店舗の方針や人員の状況などによるため、就職活動中にお目当ての店舗の事情について自分なりにきちんと解決しておきましょう。

シニアでも年齢を気にせず活躍できる環境が整っている店舗が増えている

薬剤師6

定年制を撤廃したり、再雇用制度を導入したりしているドラッグストアでは、シニア世代の薬剤師も年齢を気にせず活躍できる環境が整っています。個々の薬剤師のキャリアを重視している店舗においては、60歳を超えて薬剤師として就職をする人に対して、現役の頃とそれほど変わらない給料を支給したり、新人の教育を任せたりするところもあります。

また、体力や健康状態について悩みを抱えている薬剤師が無理なく働けるよう、体力面の負担が少ない業務を優先的に割り振っているドラッグストアも多くあります。そのため、ドラッグストアのシニア向けの求人に応募をする際は、給料や業務内容にこだわるのはもちろん、就職後に様々な場面でサポートを受けられる店舗を見つけることが大切です。

子育て中の人に配慮して短時間勤務のシフトを組んでいる店舗が増えている

子育て中の薬剤師を迎え入れるため、短時間勤務の働きやすいシフトを組んでいるドラッグストアの数は年々増加しています。また、女性スタッフの人数が多い店舗の中には、子供が発熱をしたり怪我をした時に備えて、人員に余裕を持たせているところもあり、いざという時にも気兼ねなく休暇を取ることが可能です。

最近では、子育て中の薬剤師の働きぶりについて、女性向けの様々な求人媒体や店舗のホームページなどに写真付きで載せているドラッグストアも少なくありません。薬剤師の仕事と育児とを両立させるうえで、新人から業務経験者まで長く働ける環境が整っている店舗を探すことがポイントです。

なお、自分にとって理想的なドラッグストアを見つけるために、休職活動の合間を縫って、薬剤師のキャリアが長い子育て中の女性から仕事の取り組み方について体験談を聞いてみるのも良いでしょう。

薬剤師が理想的な形で働けるドラッグストアを探すには

薬剤師がドラッグストアで理想的な形で働くには、就職情報サイトや求人票などを使って、各店舗の給料や人員配置、研修制度など様々な点に注目をして、長く働けるかどうか判断をすることが重要です。たとえば、数あるドラッグストアの中でも、店舗責任者を目指す薬剤師を対象に手厚いサポートを行っているところや、シニア世代や子育て中の人も安心して働けるところは人気が集まっています。

参考サイト>>転職薬剤師:APOPLUS薬剤師http://www.apo-mjob.com/list/kanagawa